ガッツポーズをする医者

生活習慣病患者のED薬の混合服用の危険性と肉体改造

男性器が勃起しにくくなる症状である「ED」。この症状が起こる原因は加齢・ストレスなどありますが、生活習慣病も大きく関係しています。高血圧・高血糖などの生活習慣病にかかると、男性器の状態に支障が出るようになります。男性器が大きくなるのは、血が一気に男性器の方へと流れることによります。高血圧・高血糖になると血管が細くなり、血の流れが悪くなってしまうのです。血液が正常に流れなくなることになり、男性器へも血が一気に流れないように。そのためEDになってしまいます。勃起不全になっている方で高血圧・高血糖の状態であるなら、生活習慣病がEDの直接の原因になっていると言えます。

高血圧・高血糖のために男性器に支障が出ている方は、医師からED治療薬を処方してもらう場合に混合服用に気をつけなくてはなりません。治療薬はバイアグラを処方されることが多いですが、バイアグラを飲む際はニトログリセリン系の薬と混合服用は危険です。ニトログリセリン系の薬は心筋梗塞や狭心症の薬ですが、生活習慣病が進行すると心筋梗塞や狭心症になってしまいます。ニトログリセリン系の薬を処方されている方や、これから処方を検討されている方はバイアグラ以外の治療薬を選ぶようにし、混合服用を避けましょう。

生活習慣病によって起こっているEDを根本的に改善するには、まずは生活習慣病を改善することが一番です。筋肉をつけ肉体改造をすると、生活習慣病の改善になる上に男性器自体も健康にすることができます。生活習慣病になると血管の働きが悪くなりますが、運動やトレーニングで肉体改造をすると脂肪が減少し基礎代謝が良くなり血管の働きも活性化します。また筋肉がつくことで男性ホルモンの分泌も良くなり、男性器も元気に強力にできます。肉体改造をすることにより健康と悩みの両方の解決が可能です。