ガッツポーズをする医者

日本製ED治療薬と糖尿病による勃起不全

日本製のED治療薬はバイアグラのジェネリック医薬品が厚生省に認可されていて、日本の医療機関では処方を受けることができます。海外のジェネリック医薬品に関しては個人輸入などを利用すると手に入れることができますが、日本製のED治療薬は処方箋がないと購入することができないので、薬局などで購入することになります。価格はバイアグラよりも安いのですが、1錠あたり1500円程度なので、インド製のジェネリック医薬品に比べると価格が高く設定されています。有効成分は全く同じですが、着色料や添加物が異なっていて、様々な風味のものが販売されています。日本製ジェネリック医薬品が海外製のものよりも価格が高い理由としては、海外に比べて普及していないことがあるので、ジェネリック医薬品の認知度を上げる事で将来的にはインド製のものと同等の価格で入手できる可能性もあります。糖尿病になると血液中の糖分が増加するので、血管が劣化して動脈硬化などになってEDを引き起こすことがありますが、運動をして筋肉を増やすことで糖尿病を改善してEDの症状を完治させることができます。しかし糖尿病が進行して神経障害性の勃起不全になった場合には勃起改善薬でも効果が出ない場合があるので、なるべく早い段階で治療を行って、正常なセックスができるようにすることが重要で、勃起治療薬を服用してペニスを正常に勃起させるだけではなく、健康的な生活を送ることで糖尿病を改善することも大切です。とくの中高年の男性は生活習慣病だけでなく、男性ホルモンの分泌も減少するので筋肉を増やすトレーニングなどをすることが必要で、それによって成長ホルモンや男性ホルモンの量を増やすことができます。